クレアチニンは、筋・神経内でクレアチンりん酸から直接に、あるいはクレアチンの脱水によって生成される物質です。老廃物であるクレアチニンは腎糸球体でろ過されて体外に排出されます。本品はJaffé 反応を利用した特異性の高いクレアチニン測定キットです。マイクロプレート法によりマウス血清・尿中のクレアチニンの測定に用いることができます。用手法での測定も可能であり、また、ヒト検体中のクレアチニンの測定を行うこともできますが、体外診断用に用いることはできません。このキットは研究用のみにご使用ください。

キットの構成

構 成 品 容 量
(1)除タンパク試薬(タングステン酸ナトリウム、りん酸を含む) 150 mL/1本
(2)ピクリン酸試薬(ピクリン酸 22 mmol/L) 50 mL/1 本
(3)0.75 mol/L 水酸化ナトリウム溶液 (水酸化ナトリウム 0.75 mol/L) 50 mL/1 本
(4)標準液(クレアチニン 10 mg/dL) 15 mL/1 本

※マイクロプレート法の場合、測定回数は500回、用手法の場合測定回数は50

 

測定原理

検体に除タンパク試薬を加えて遠沈後、上清を分離します。この上清にピクリン酸を作用させると、検体中のクレアチニンがアルカリ溶液中でピクリン酸と反応して橙赤色の縮合物を生じます(Jaffé 反応)。この橙赤色の吸光度を測定することにより検体中のクレアチニン濃度を求めます。

    OH  
ピクリン酸     + クレアチニン

ピクリン酸クレアチニン縮合物(橙赤色色素)

 

血清・血漿検体/尿検体
● 抗凝固剤のヘパリン、くえん酸塩、しゅう酸塩、EDTA 及び解糖防止剤のふっ化ナトリウムは、通常使用量では測定値に影響を与えません。
● 尿の防腐剤としてはトルエンを使用してください。
● アスコルビン酸、ビリルビン及び溶血は測定値にほとんど影響を与えません。
● 活性メチレン基を有する物質は正誤差を与えます。
● 採取後すぐに測定するか、長期に保存する場合は-35 ℃以下で凍結保存してください。

●標準曲線範囲:2.5~10 mg/dL
●感度〔用手法〕 ・ 精製水を試料として測定した場合の吸光度は、0.010~0.020です。
・クレアチニン標準液(10 mg/dL クレアチニン)を試料として測定した場合の吸光度は、0.400~0.500 です。
●特異性 ・ 既知濃度の管理用血清を測定するとき、既知濃度の± 10 %以内にあります。

 

 

精度試験(アッセイ内変動)

ヒト血清検体 A B
1 5.67 2.99
2 5.40 2.91
3 5.82 3.34
4 5.47 3.07
5 5.26 2.95
6
5.78 3.35
mean 5.57 3.10
SD 0.22 0.20
CV(%) 4.0 6.3

 

ラット血清検体 C D
1 4.85 2.60
2 4.63 2.37
3 4.95 2.69
4 4.55 2.37
5 4.48 2.25
6
4.99 2.54
mean 4.74 2.47
SD 0.22 0.17
CV(%) 4.6 6.7

 

マウス血清検体 E F
1 4.27 2.86
2 4.76 2.67
3 4.59 3.01
4 4.18 2.64
5 4.59 2.53
6
4.84 2.57
mean 4.54 2.71
SD 0.26 0.18
CV(%) 5.8 6.8

単位:mg/dL

再現性試験(アッセイ間変動)

ヒト血清検体

測定日/検体 1 2
0日目 5.78 5.13 2.76
1日目 6.07 5.42 2.84
2日目 6.23 5.60 2.98
3日目 6.04 5.30 2.67
mean 6.03 5.36 2.81
SD 0.19 0.20 0.13
CV(%) 3.1 3.7 4.7

 

マウス血清検体

測定日/検体 1 2
0日目 6.30 5.72 3.40
1日目 6.42 6.09 3.57
2日目 6.55 5.89 3.32
3日目 6.27 5.86 3.52
mean 6.39 5.89 3.45
SD 0.13 0.15 0.11
CV(%) 2.0 2.6 3.3

 

ラット血清検体

測定日/検体 1 2
0日目 6.60 5.52 2.69
1日目 6.49 5.87 2.86
2日目 6.96 6.31 2.91
3日目 6.76 6.10 2.84
mean 6.70 5.95 2.83
SD 0.20 0.34 0.10
CV(%) 3.0 5.7 3.4

単位:mg/dL, n=3

添加回収試験

ヒト血清検体

添加量 測定値 回収量 回収率(%)
3.68
2.71 6.37 2.70 99.6
3.55 7.10 3.42 96.3
4.21 7.55 3.87 91.9


マウス血清検体

添加量 測定値 回収量 回収率(%)
2.68
3.00 5.90 3.22 107
5.14 8.08 5.40 105
6.74 8.90 6.22 92.3


ラット血清検体

添加量 測定値 回収量 回収率(%)
2.86
3.27 5.61 2.75 84.1
5.60 8.13 5.27 94.1
7.35 9.34 6.48 88.2
       

単位:mg/dL, n=2

 

希釈直線性試験

測定範囲に入るよう付属の緩衝液で調製後、連続的に緩衝液で3段階希釈し測定した結果。
希釈直線性(ヒト検体)R2は0.9947
希釈直線性(マウス検体)R2は0.9799
希釈直線性(ラット検体)R2は0.9829

検体測定(例)

ヒト検体

検体 測定値(mean) SD CV(%)
プール血清 3.68 0.012 0.33
プール血漿(EDTA) 3.43 0.007 0.21

 

マウス検体:CD-1(ICR)、血清、検量線下限以下の為、参考値として掲載します。

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 0.202 0.004 2.1
No.2 0.500 0.011 2.1
No.3 0.728 0.009 1.2
No.4 0.679 0.053 7.8
No.5 0.206 0.019 9.3

 

マウス検体:CD-1(ICR)、血漿(ETDA),検量線下限以下の為、参考値として掲載します。

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 0.099 0.006 5.7
No.2 0.583 0.034 5.8
 No.3 0.542 0.020 3.7
 No.4 0.518 0.040 7.6
 No.5 0.112 0.002 1.9

 

ラット検体:SD、血清,検量線下限以下の為、参考値として掲載します。

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 0.550 0.005 0.9
No.2 0.770 0.076 9.9
No.3 1.19 0.095 8.0
No.4 1.25 0.050 4.0
No.5 1.01 0.029 2.9

 

ラット検体:SD、血漿(ETDA),検量線下限以下の為、参考値として掲載します。

検体 測定値(mean) SD CV(%)
No.1 0.304 0.022 7.2
No.2 0.633 0.008 1.2
 No.3 0.848 0.033 3.9
 No.4 0.671 0.014 2.1
 No.5 0.219 0.020 9.0

 

単位:mg/dL, n=2

 

 

 

マイクロプレート法

  テスト スタンダード ブランク
  最初の操作はサンプルチューブで行う
試料  検体 50 µL 標準液 50 μL
蒸留水または
イオン交換水 50 μL
除タンパク試液 300 μL 300 μL 300 μL
  良く混合する。室温で10分間放置。遠心分離2500rpm以上、10分間。
以降の操作はウェル内で行う。
上清 100 μL 100 μL 100 μL
  25 ℃~30 ℃に置く
ピクリン酸試薬 50 μL 50 μL 50 μL
0.75 mol/L水酸化ナトリウム溶液 50 μL 50 μL 50 μL
25 ℃~30 ℃で20分間放置。
次の30分以内にブランクを対照として検体及び標準液の吸光度(波長:520nm)を測定する。

 

pdficonLABALP-M1 ラボアッセイ クレアチニン


SDS Japanese  /  English

 

ご使用者様からの情報をお待ちしております

 

 

 

酵素法測定試薬 ラボアッセイTM

ALP(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABALP-M1
633-51021
ラボアッセイTM ALP
p-ニトロフェニルりん酸基質法によるアルカリフォスファターゼ活性測定キット
0.0625~0.5 mmol/L 20 μL/ 500回 21,000円

 

Ammonia(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABNH3-M1
633-51761
ラボアッセイTM Ammonia
藤井・奥田法変法
100~400 µg/dL 50 μL/ 700回(マイクロプレート法)
500 μL/60回(用手法)
28,600円

 

Creatinine(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABCREA-M1
636-51011
ラボアッセイTM Creatinine
Jaffe法
2.5~10 mg/dL 250μL/ 500回(マイクロプレート法)
500 μL/50回(用手法)
28,000円

 

Cholesterol(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABCHO-M1
635-50981
ラボアッセイTM Cholesterol
コレステロールオキシダーゼ・DAOS法
50~592.2 mg/dL 2 μL/ 500回(マイクロプレート法)
20 μL/50回(用手法)
21,000円

 

Glucose(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABGLUC-M1
638-50971
ラボアッセイTM Glucose
ムタロターゼ・GOD法
50~500 mg/dL 2 μL/ 500回(マイクロプレート法)
20 μL/50回(用手法)
23,000円

 

NEFA(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABNEFA-M1
633-52001
ラボアッセイTM NEFA
ACS・ACOD法
0.4~1.97 mEq/L 4 μL/ 500回(マイクロプレート法)
50 μL/40回(用手法)
40,000円

 

Phospholipid(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABPLIP-M1
639-51001
ラボアッセイTM Phospholipid
コリンオキシダーゼ・DAOS法
75.0~596.1 mg/dL 2 μL/ 500回(マイクロプレート法)
20 μL/50回(用手法)
26,000円

 


Triglyceride(用手法)

シバヤギコード
和光コード
品名 検量線範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABTRIG-M1
632-50991
ラボアッセイTM Triglyceride
GPO・DAOS法
100~888 mg/dL 2 μL/ 350回(マイクロプレート法)
20 μL/35回(用手法)
23,000円

 

GLDH:Glutamate dehydrogenase (自動分析装置用試薬)

シバヤギコード
和光コード
品名 測定範囲 検体量/測定回数 希望納入価格
(消費税別)
LABGLDH-RA
631-47771
ラボアッセイ GLDH-ラット(Aタイプ) 1~200 U/L(*) 15 μL/ 150回
(日立LAbOSPECT003の場合)
35,000円
LABGLDH-RC
630-48581
ラボアッセイ GLDH-ラット用コントロール 保存温度:-35℃以下
有効期限:6ヶ月
容量:500μL/1本
20本セット
40,000円

*検量線範囲は100 U/Lまです。直線性は200 U/Lまで確認しています。